FC2ブログ

Ayu's Diary

洋服の質

バブルの時代は、洋服が高かった。
私がちょうど短大生で、一番オシャレがしたかった時代。

ファストファッションなんてなかったから、
安い服はスーパーや量販店、カタログショッピングで買うしかなかったが、
カットソーとかシャツが3900円くらいしても良品は少なかった。

選択肢もそうなくて、そうじゃなかったら、デパートのDCブランド。
高い。

でもその分、確かに品質はよかったように思う。

その頃に見つけたデパートのウール専門店のラムウールカーディガンは、
糸の光沢と、ネイビーの発色、貝ボタンが気に入って、少し高かったけど手に入れた。
バイト先の先輩に「そのニットいいね。きっとずっと大人になっても着られるよ」と言われたが、
さすがにうんと大人になるまでは無理よね、と思いながらも普段着用で30年近く。
不思議なことに一度も毛玉ができないから、今でも時々着ている。

今の時代、高い服を買わずともデザイン、品質がブランド品に引けを取らなかったりする。
だから、本当に良いものを手にする機会が少ないし必要もない。

キャリアウーマンの同じ時代を過ごした友人が
「今の若い子って、服の何が上質か、そうじゃないか、触ってもわからないみたいよ」

と言っていた。

最高と最低を知らないと、そうなるのかもしれない。

私が若い頃に、洋服がこんなに安くて、こんなにも選択肢があれば
もっともっとファッションを楽しめたのに残念と思うことが多かったけど、
若いうちから、生地の光沢、肌触り、美しい縫製、ライン、本物に接することができた時代も
今となっては決して悪くはなかったんだと思う。


  1. 2019/12/06(金) 12:40:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<単純 | ホーム | 隣の猫>>

コメント

激しく同感!!

ほんとにそう思います(^o^ゞ

学生の頃はDCブランドのバーゲンに学校休んでまで並んだり、社会人になってからはボーナス出たらデパートのコートやスーツに大枚はたいてました。

結婚して着る機会ないから処分すればいいのに、下手に金額覚えてて捨てる勇気が出なかった。

最初の会社は制服あったけど着てる人がいなくて、一人暮らしの私は毎日頭を悩ませてまして。でも、ダイエーで買った(激安)スーツを誉められたり、ブランドのお高いブラウスはスルーされたり、、なかなか思ったようにはいかなかったり。

今の時代に生きてる若者が羨ましい反面、Ayukoさんが指摘されてるように、やりくりして高価なものを買った喜びや、自分なりの妥協点を見いだしたりしたあの頃もあり!だなと思います。
  1. URL |
  2. 2019/12/07(土) 19:47:29 |
  3. ひとりねこ #SqcAcLvs
  4. [ 編集 ]

ひとりねこさん、あの頃はオシャレに工夫が必要でしたよね〜今より頭使ってたような気がする。
でも、あの頃なりに楽しかったですよね。

いや、でも本当に高かったわ〜〜
  1. URL |
  2. 2019/12/08(日) 19:32:12 |
  3. ayu #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (106)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる