FC2ブログ

Ayu's の金曜日

こわい道

テレビで暴力団同士の抗争のニュースが流れている。

見覚えある風景。懐かしい、、、

本部やその他邸宅がある横道から本通りに出た坂道は、
短大生時代、通学路として使っていた。

ちらっと横道をのぞくと、坊主頭の組員が丁寧に家の前を掃除していたり、
体操したり、深々と礼をしながら偉い人を見送っている様子を目にすることもあった。

定期的に組の会合だか、なにかしらのイベントがあるようで、
その時ばかりは本通りの道脇にもすごい台数の黒い外車がズラズラズラ〜と並ぶ。

でもその時以外はいたって静かな住宅街の坂道なのだ。

短大は山の手にあり、駅から降りて山に向かう道はいくつかあった。
入学前、入学後も、学校側からそういう地域性だというアナウンスは特にないから、
実際歩いてみて、あ、そういうところの近くだったんだ、、、と気が付き、避ける。
だから少し近道にも関わらず、このルートを使う女子大生は少数派だった思う。


私は自分は大丈夫という自信があった。
ワンレン、ソバージュロングヘアに濃いめのメイク、ボディコンなミニスカート、
ブランドバッグにハイヒール、そんなバブリーな時代とは全く無縁な私。
ショートカットにノーメイク、ペタンコ靴にパーカー、綿のロングスカートかデニム。
手に画材。
こんな見た目の私が危険な目にあうわけがないわ。。。  という変な自覚。


例の会合が行われていた、ある雨の日の通学時のこと。

うっかり傘の端っこを、高級外車にコツンとあててしまった。

人が中にいる。。。これはマズイ!!

ほんとは謝るべきだが、傷はついていない。ここはひとまず退散するのが得策かも
と、早歩きに場を離れようとした時、背後で車のドアがバタンっとなり、
人が降りてきて近づいている音がしている。  

うわっ! かなりマズイっ!!!

その時、パトロール中のパトカーが横道から目の前にスーーーーっと現れた。

すると、車から出てきた人がスッと車内に戻って行く様子を背後に感じた。

助かった。


私は何事もなかったように振り返らずに前に進んだ。


そしてこんなことがあっても、卒業するまで私のルート変更はなかった。






  1. 2019/10/11(金) 09:55:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<養生テープ | ホーム | 学校からの電話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (92)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる