FC2ブログ

Ayu's Diary

興味の変化

以前は大好きだったのに、今はもう全然興味がなくなったものって
どんな人にもあると思う。

私の場合、ぱったり興味がなくなったのがファッション雑誌。

パラパラと中身を立ち見して確認してから良さそう、
と思って買ったのに、数ページ読んだら途中でやめてしまい、
そのまま読む気にならなくて処分だなんて。。。
好きだった頃から思えば想像もできないことだ。
紙媒体のワクワク感はどこにいってしまったのだろう。

それに、そもそもファッションの情報すらもうあまり必要としていない。

テレビも本当に見なくなった。
以前はそれほど感じなかったのに、
自動的にコマーシャルを見させられる時間が全く耐えられなくなった。
今は動画や録画で好きなものだけチョイスできて便利なんだけど、、
心底笑えたり泣けたりする番組も少なくなってしまった気がする。


それで今も昔も大好きで、その熱量がかわらないものが
ズバリ、手作りもの!これは見事に残っている。

子供の時から、作るのも見るのも買うのも大好き。

この大好きは死ぬ時まで変わらず持ち続けたい。

そういえばこの間、外国のおばあちゃん、おじいちゃんのサークルで
楽しそうに自分で使う棺桶を手作りしていたのをテレビでやっていた。

かわいくペイントして、自分らしく。
人生の半分以上が過ぎて遠すぎる将来じゃないから興味もわく。

でもね、日本じゃ置き場がね、、いつ使うかわからないから湿気も気になるね。 


(来週は帰省のためお休みします)




  1. 2019/12/20(金) 18:54:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

単純

毎週ブログを書くようになって気がついた。

自分の文章の書き方がアクセサリーの作り方と同じってこと。

文章の場合は、最初は思いつくままに、書きたいだけ、
何も考えずにガーーっと書く。途中で付け足すことも多い。
全部書き終わると、当然長くなる。
そこから削って削って、最小限にしたものをアップしている。

アクセサリーも同じ。
頭に浮かんだデザインで最後まで作ってみる。
試着してみて、ごちゃごちゃしてるところを削って削って、
ここまで削るとデザイン的にちょっと見栄えしないけど、、
というところまで削ってしまうこともある。

共通して思っていることは、
一番伝えたい部分が伝わればいいということ。

自分自身、複雑な思考をしていない。
だから伝え方はシンプルでよいと思っている。


  1. 2019/12/13(金) 09:21:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

洋服の質

バブルの時代は、洋服が高かった。
私がちょうど短大生で、一番オシャレがしたかった時代。

ファストファッションなんてなかったから、
安い服はスーパーや量販店、カタログショッピングで買うしかなかったが、
カットソーとかシャツが3900円くらいしても良品は少なかった。

選択肢もそうなくて、そうじゃなかったら、デパートのDCブランド。
高い。

でもその分、確かに品質はよかったように思う。

その頃に見つけたデパートのウール専門店のラムウールカーディガンは、
糸の光沢と、ネイビーの発色、貝ボタンが気に入って、少し高かったけど手に入れた。
バイト先の先輩に「そのニットいいね。きっとずっと大人になっても着られるよ」と言われたが、
さすがにうんと大人になるまでは無理よね、と思いながらも普段着用で30年近く。
不思議なことに一度も毛玉ができないから、今でも時々着ている。

今の時代、高い服を買わずともデザイン、品質がブランド品に引けを取らなかったりする。
だから、本当に良いものを手にする機会が少ないし必要もない。

キャリアウーマンの同じ時代を過ごした友人が
「今の若い子って、服の何が上質か、そうじゃないか、触ってもわからないみたいよ」

と言っていた。

最高と最低を知らないと、そうなるのかもしれない。

私が若い頃に、洋服がこんなに安くて、こんなにも選択肢があれば
もっともっとファッションを楽しめたのに残念と思うことが多かったけど、
若いうちから、生地の光沢、肌触り、美しい縫製、ライン、本物に接することができた時代も
今となっては決して悪くはなかったんだと思う。


  1. 2019/12/06(金) 12:40:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (106)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる