FC2ブログ

Ayu's の金曜日

年の瀬に

今年最後のブログ更新。

不思議なことに何も書くことがない。

これといって、何の考えも湧いてこない。

今年起こった、あれやこれや、思い返せばいくらでもあるけれど、

このまま何も考えずに、

この年末は未来に対してうっすらと、前を向いていたいだけ。

無でいられる年の瀬を、本当に幸せに思います。

来年もどうぞよろしくお願いします。



  1. 2018/12/28(金) 19:39:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

個人情報

最近、というかだいぶ前からだと思うけど、個人情報保護ということで、
小学校の生徒の住所録というものがなくなった。

昔は全部公開されていて、あ、この子とこの子が近所なんだなとか、
あの辺が家なんだなとか、親子共々すべて把握できていたものだけど、
今はクラスの子がどの地域に住んでいるか、ざっくりしかわからなくなった。

電話番号も、うちの小学校はかろうじてまだ一覧があるが、
近隣の小学校ではもう廃止になっている。

学校からの連絡は連絡網でなくアプリで個人個人が受け取る。どこもそうだ。


小一の時に、息子が友達と遊びに行ったまま帰らなくて、
近所のママに聞きまわったら、クラスの〇〇くんちに行ったようだけど、
〇〇地区だから遠いよね、詳しい住所は知らないと言われた。

ライン交換するほど親しくなかったので〇〇くんちに電話をかけるしかない。
が、出ない。
携帯番号しか公表しない人が半分以上になり(固定電話がない家もすごく増えたりで)
かかってくる電話が登録番号以外だと、とらないという人も多く、
留守電にも繋がらなければ、もうお手上げ。

結局すごく遅くに帰ってきて、雷を落として済んだけれど、
大人同士で連絡がとれないというのは、かなり厳しいと思った。

個人情報、難しい。 不便な側面も多々あって、他にも何度か困ったことがあった。

だからって今更、昔のように全部公表には戻れず、安全面を考えると私だって気がひける。

利便性、効率性、安全面、それを上手く取り入れてるように見えるけど、
もし息子がずっと帰ってこなかったら、このシステムが、たちまち
効率も悪く、全く安全ではなくなるわけで。。。


むむ、難しい。



  1. 2018/12/21(金) 12:28:04|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

願い

先日、家族で神社に行った時に
息子が絵馬を書きたいと言う。

絵馬にはこう書かれていた

「 地獄がこの世から消えてほしいです。
永久に消えてほしいです 罪人でも 」


他にも絵馬がたくさん吊るしてあって、子供が書いたであろうものには
「〇〇高校に合格できますように」
「夢が叶いますように」
「〇〇ができるようになりますように」

普通のお願い事が書いてある中でのこれは、かなり異色なものだった。

私が
「ねえねえ、罪人なら地獄に行ってもらった方がいいんじゃないのぉ?
 これ間違ってない?」

と言うと、夫が

「違うんだよ。これはもっと深いの!
そうやって二極化してるから、いつまでたっても世界が変わらないの」

すると息子が

「そう、だから天国もいらないんです」と。

悪い奴にはおしおき、とか考えてる私はまだまだ俗の世界にいるようだ。








  1. 2018/12/14(金) 08:23:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

ケガとプロポーション

祖母はそんなに太ってなかったけど、足だけは昔から太かった。

母は病気をしてからめっきり痩せて上半身はガリガリになったにも関わらず、
下半身はまったく変わらず立派なままを保っている。

当然私も。若かりし頃、痩せていた時でさえ、足が細くなったことは一度もない。

遺伝によりしっかりと受け継がれた体型ゆえ、細い足は先祖代々からの夢なのだ。

ところが今回のケガで、この十数年の中で一番といっていいほど足が細くなった。
(それでも細身の人と比べたらまだまだ太いレベル)
とうとう夢が叶った!   といきたいところだが、そうはいかない。

筋肉が落ちただけなのでぶよぶよ、足首周りは、むくみで以前より太い。
ズドンと直線的で、全く美しくない。太かった時の方がまだマシだ。
細かろうが、太かろうが、自然な曲線は重要だった。何事もバランスだと言える。



両足が地面に付ける様になり、先日療法士に、いきなり「体重を計りましょう」と言われた。
ほぼ歩かない毎日で、さぞかし体重計の針が振り切るんだろうな、、ああ怖い。

「はいはい、誰にも言いませんからね〜」と療法士に促され
恐る恐る乗ってみると、、、ん?  ケガ前と同じくらいかな?

ラッキ〜 ♪ と一瞬思ったけど、 待て待て、(脳内計算機 稼働中)
プラスマイナス0ということは落ちた筋肉の代わりにどこかに付いているのだから、結局プラス?! 

「まあ、服着てるからさ。服の分差し引いてないんだしぃー」というと、

「はいはい、服が8kgくらいありますからね〜」と 妙に慣れた感じで返された。

そういえば以前、施術を受けて寝そべっていると、別のベットからこんなのが聞こえてきた。

「〇〇さん、体重何キロですか?」 カチャカチャ、パソコンの画面を操作しながら療法士が聞く。

おばさんが「、、、〇〇キロ、、、だってー痛くて運動できないんだもーん。しょうがないじゃなーい!」

「はい、じゃあいつものようにうつ伏せになって」(療法士、完全スルー)


私を含め、細身のおばさん以外ほとんど皆、言い訳しているに違いない。





  1. 2018/12/07(金) 07:59:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (86)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる