FC2ブログ

Ayu's Diary

パチンコ玉

仕入れに行くのに電車に乗っていた。

座りながら、

あー、あの部分にこんなビーズ合わせたいな、
銀の玉で、やや大きいめの、、

そうそう、ちょうどパチンコ玉みたいな、、

そう思った直後、足元の右から左へ

パチンコ玉がコロコロコロコロ〜〜〜


こんな事ってある ??


パチンコ玉を持ち歩いてる人いるの?
それを車内で落とす?

そして私がパチンコ玉を連想させた瞬間のタイミングで、
横切っていく?


  1. 2020/10/26(月) 13:16:26|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

フォークダンス

近くに小学校があって、ようやく
校内放送やら子供のが声が聞こえるようになった。

今まで、鳥や自然の音は心地いいけど、人間の声や気配は
そうじゃないような気がしてて、むしろ静かになっていいんじゃないかと思っていたが、
長い休校中に、庭に出ても子供の声が全く聞こえなくなった時、
思ったよりさみしいものなんだなぁ、と気がついた。

今日、庭に出て見ると
フォークダンス「マイムマイム」の曲、拡張器で振り付けを教える先生の声。

いいねえ。ああ、、平和。

数ヶ月前は考えられなかった、フォークダンスだなんて。


、、ん、フォークダンス?

すごい近距離で手をつないじゃってるわけ?
やる前には手消毒して、やった後も手消毒して?
マスクしながら?
そこまでするのかしないのか、なぜ今?あえてのフォークダンス。


いつの間にかウィズコロナ、なんて言葉が出てきてる。
みんなでやれば怖くなーい、みたいな雰囲気が醸し出されてきて、
マスクがお守りみたいな役割で、多少手洗いもマメになったけど、
やってることは自粛前とほぼ同じになった。


それ自体に特に不満も意見もないのだけれど、
なんだかつい最近までスーパーに行くのも恐々だった我々が、
特に状況が好転してる訳でもないというのに、なんとも不思議な現象。


世間の流れなんて思ったより曖昧で、
どう過ごす、どう暮らす、どうしたい、?
以前よりは明らかに、個々で判断しなきゃならないことも多くなった。
これは日本人が一番苦手なやつでは。


何も考えない人は、フォークダンスの曲が流れるままに、皆と同じ動きで
ぐるぐると同じ場所を周ることしかできないのかもしれない。

自分もだんだんそうなってきているから、
それはそれでラクで違和感ないのもわかる。




  1. 2020/10/17(土) 09:20:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

それぞれの感染防止対策

久しぶりのドラッグストア。
ネットの方が安かったりはするけれど、他のあれこれと見比べたり、
新商品が目に入ってきたり、実店舗での買い物はやはり楽しい。

欲しいものも無事に買えて機嫌よくお会計♪

店員がお会計をしている間、トレーにポイントカードとクレジットカードを置く。

ふと、目線を違うところに向けると、、

「感染防止の為、ポイントカードはトレーに置かずに手で渡してください」

というPOP発見。

???
ん、どういうこと? 手にずっと持ってるものを渡す方がリスク高くない?
それからクレジットカードはどうなる? これも手渡し?

どうしよう、どうしようと思ってるうちにお会計が終わってしまい、
店員がやや不機嫌そうにさっとポイントカードをトレーから取り処理してくれた。

その間、私はもう一度POPをガン見しながら、これの意味を考えていた。

ポイントカードとクレジットカードがトレーに戻されていたので仕舞いながら、

「あの、お支払いは?」と聞かれる。

・・・???

ポイントカードだけ取って、一緒に出したクレジットカード、決済してくれなかったの?
と思ったけど、再度渡すと、「いえ、手前の読み取り機に入れてください」とのこと。


お互い??? な空気が流れつつ会計を終えた。。。

対策はありがたい。 

が、とにかく全てが解りにくい。
お店によってやり方が全然違ってるし、
お金のやり取りの一切は全部機械のところも前よりずっと増えた。

ある商店街のお店は、カード払いもない現金のみ。

手作りトレーにお金を出すと、お釣りをトレーに入れて持ってきて
「手を出して」と言われる。

トレーの表面全体にガムテープを貼って滑りやすくしてあって、
手の上にジャラ〜っとお釣りを返してくれる。

ここの店が一番間違いなく、わかりやすい。

お札や小銭には既に菌がついてるんじゃ? と言われれば元も子もないんだけど。







  1. 2020/07/15(水) 14:33:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

テニスに対する独り言

元プロテニスプレイヤーの伊達公子さんが
ちょっと自信をなくした、あるいは思ったように成績を残せない子供達に
レッスンをするという番組を観た。

その中で、彼女はテニスのことを

「生きていくための要素が凝縮されている世界」   と言った。

それがストレートに心に突き刺さる。

こんなド下手な私でも、ものすごく同感。

実力、体力、集中、判断、勇気、我慢、動じない心、スピード、
結局、頼りは自分しかいない。自分で考え、自分で動き、自分で結果を受け止める。
これを人生と呼ぶにはあまりにも言葉が足りないけれど、
少しテニスに入り込んだ人なら、感覚で同感できるんじゃないかなと思えた。

ある程度の選手になるには、外からのサポートが不可欠で、それは、
人が一人では生きていけないこととも通じている。


少し前まで私の中でテニスは、学生時代やアスリートならともかく、
歳をとってやるぶんには、まあ、いったら娯楽のジャンルだと思っていた。


もちろん楽しいには変わりないけれど、
そんな娯楽の中にも真理とか真髄とかを感じられることってあるんだな、
ということが、彼女の放つ言葉ではっきりした。

だからスポーツは体力や技術だけのものでなく、
精神的な部分でも、すごく深く繋がっていて、

要するに、すべてのことは色々な分野で分かれてはいるけれど、
どこかで全部繋がりがあるのだろうな。

気がつかないだけで、 
ずっと前から、、当たり前のように。。。



  1. 2020/07/02(木) 17:23:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

休校の間に

休校が続いているので、
時々息子の宿題を見なくてはならなくなった。

特徴として、難しいことは結構理解できていて、
得意なことは突出して出来るという反面、
簡単なことがわからない、できない、というのがあって
人よりたくさん練習が必要になることが多い。

けれど、興味があることしかやらないし、悔しい気持ちもないので
練習に取り組むまでいくことがまず大変。

今日は分度器で角度を測るのに苦労した。
計測が理解できないのでなくて、
不器用すぎて分度器を点と線にうまく乗せられない。
何度教えてもズレズレにしか乗せられない。

それで思わず

「なんでわからないのっ?!」

と大きい声で言ってしまう。

そういえば昔、私も母にも何度か言われたな「なんでわからないの」

なんでって言われても、わからないからわからないんですよ。
わからないという事に理由なんてあるんですか?

って思ったものなのに、自分も同じように、この無意味な発言をしてしまう。
イライラ感も思いっきり言葉に乗せて、、、


異常な手先の不器用さにより、折り紙も未だに折れない。

じゃばら折りを折れるようになるのに午前中のすべての時間を使った。疲れた。。

休校でも全然暇ではない。
人よりできない、あれやこれやを習得するのにいい機会なので、結構忙しい。

というより、今まで真剣に取り組まず、さぼったツケがどんどん溜まってきている感じ。

午後は自転車練習に行こうかな。

ああもう、、、普段の勉強だけはプロにお任せしたい。。



  1. 2020/05/12(火) 14:58:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる