FC2ブログ

Ayu's の金曜日

こわい道

テレビで暴力団同士の抗争のニュースが流れている。

見覚えある風景。懐かしい、、、

本部やその他邸宅がある横道から本通りに出た坂道は、
短大生時代、通学路として使っていた。

ちらっと横道をのぞくと、坊主頭の組員が丁寧に家の前を掃除していたり、
体操したり、深々と礼をしながら偉い人を見送っている様子を目にすることもあった。

定期的に組の会合だか、なにかしらのイベントがあるようで、
その時ばかりは本通りの道脇にもすごい台数の黒い外車がズラズラズラ〜と並ぶ。

でもその時以外はいたって静かな住宅街の坂道なのだ。

短大は山の手にあり、駅から降りて山に向かう道はいくつかあった。
入学前、入学後も、学校側からそういう地域性だというアナウンスは特にないから、
実際歩いてみて、あ、そういうところの近くだったんだ、、、と気が付き、避ける。
だから少し近道にも関わらず、このルートを使う女子大生は少数派だった思う。


私は自分は大丈夫という自信があった。
ワンレン、ソバージュロングヘアに濃いめのメイク、ボディコンなミニスカート、
ブランドバッグにハイヒール、そんなバブリーな時代とは全く無縁な私。
ショートカットにノーメイク、ペタンコ靴にパーカー、綿のロングスカートかデニム。
手に画材。
こんな見た目の私が危険な目にあうわけがないわ。。。  という変な自覚。


例の会合が行われていた、ある雨の日の通学時のこと。

うっかり傘の端っこを、高級外車にコツンとあててしまった。

人が中にいる。。。これはマズイ!!

ほんとは謝るべきだが、傷はついていない。ここはひとまず退散するのが得策かも
と、早歩きに場を離れようとした時、背後で車のドアがバタンっとなり、
人が降りてきて近づいている音がしている。  

うわっ! かなりマズイっ!!!

その時、パトロール中のパトカーが横道から目の前にスーーーーっと現れた。

すると、車から出てきた人がスッと車内に戻って行く様子を背後に感じた。

助かった。


私は何事もなかったように振り返らずに前に進んだ。


そしてこんなことがあっても、卒業するまで私のルート変更はなかった。






  1. 2019/10/11(金) 09:55:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

学校からの電話

息子の学校の担任が夏休み明けに交代となり、
新しく、前の先生と同じような年頃の若い男性に決まった。

色々あった後だけに、やりにくさも感じていることだろうが、
とりあえず、クラスも落ち着いているようだ。

理解が必要な部分も多くある息子なので、個人面談をお願いした。
なぜか表情が少ない先生だけど、話は一生懸命聞いてくれている。
ざっと苦手部分を説明をし、何かあったら電話をくださいと頼んだ。

ある日、その新しい先生から放課後、電話がかかってきた。

(ウチノコ、ナンカヤラカシタカ?)

と頭をよぎる。

「あの〜掃除の時間の時なんですけど、窓拭きの為にいつも窓は閉じてるんですが、
今日たまたま開いたままだったんです。
それで彼、窓は閉まってると思い込んで窓拭きしたらしく、そのまま雑巾を窓から落としてしまって、、」

「はあ、、」

「それでプチパニックになっちゃったので、なだめました」

「あ、、、、そうですか。お手数おかけました。。。。」


うん、うちの息子がやりそうだね〜  

しかし重いものを窓から落として誰かに当たったとかじゃなくて本当によかった。


些細なことでも電話で知らせてくれるのはありがたい。
でも、小さいエピソードは次回の面談の時にまとめてお話してくださって大丈夫ですよ、
、、、とは言えず。


電話してねと言っときながらなんなんだけど、
やっぱり学校から、かかってくるとドキドキしちゃうからね。



  1. 2019/10/04(金) 09:17:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

一年ぶり、、

一年ぶりにテニスコートに入った。
もちろんいきなり再開したわけではなく、
まあ、長らく休んでいたので挨拶でもと、、、

80代のおじいちゃんもさすがに引退し、他にも数人抜けたらしく、
シニアテニスチームは常に入ってくる人数より出て行く人数がの方が多い。


「戻ってきたの〜?またやろうよ。ゆっくり始めたら大丈夫だからさぁ」

おじちゃん、おばちゃん達は温かく迎えてくれたけど、

なかなかまだ恐怖感アリ、そして筋肉ナシで、
やはり始めるのはもうちょっと先かな、、、という気分でベンチに座る。

「ちょっとさあ、ラケットにぎってみ」

と言われ、ラケットを握った瞬間、
打ってみたい衝動にかられる。

みすかされたのか
「ちょっとだけ、フェンスに向かって玉打ってみよ」

「えええ、、、でもなぁ。。。うう〜ん」

と言いながらそのまま足がフェンスの前に向かっていく。

ホイッ、ホイッ 、

と前に玉を落とされると、もう打たずにはいられない。

まだ玉感もあるようだ。

最後の診察では、あまり時間を空けずやり始めることを勧められた。
あとは自分の恐怖心に打ち勝つだけのようだ。

私にとっての最大の注意点はわかってる。

ムキにならないこと。

これがなぁ、一番難しいよ。。。無意識だから。。


  1. 2019/09/27(金) 08:06:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

自分のアクセサリー

時々、自分のアクセサリーを自分で好きに作れていいね!
って言われる。

でも自分で自分の為にアクセサリーをいちから作ったこと、、、

ほとんどない。

自作使用アクセサリーはほぼ試作品か在庫品なのだ。
これについては今までも何回か話したことがあったかと思う。

作ったとしても服の色に合わせて一粒下げたイヤリングくらいかな。

在庫については、自分がオススメ!と思うアイテムに限って
実はあまり人気でなかった、、、ってこともよくあり、
ただ自分の中では出来上がりの満足感があるからか、
売れ残り、、、の負のイメージはなく、喜んで一つ自分用にして使う。

つけ心地も合わせやすさも良いのにな〜と自賛する時もあるが
ここのところもっとこうすればよかった、、、と改良部分に気付けたりもして
在庫分を私物にすることは今後の参考にとてもいいのだ。
で、それを繰り返すと数的にはもう十分。新たに作る気は起こらない。


これ何かに似てるなと思った。

家で一人の時のお昼はお茶漬け。みたいな?

決して食に対する興味がないわけではなく、
自分一人のために彩り豊かなオシャレで栄養豊富なものは作る気がおこらない。
っていうのによく似てるような気がする。


どの分野でも自分の渾身を引き出せるのは、誰かの嬉しいにつながる時だけってことなんだな。



  1. 2019/09/20(金) 10:09:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

アライグマ

九月に入っても暑い日が続いた。

暑い時期の製作に一番気になるのは手のベタつき。
ほんの少しでもサラッと感がなくなってきたらすぐに手洗いに行く。

アライグマか?というくらい頻繁だ。

これをせずにベタつきの手のまま製作を進めても、
指先の細かい動きがまったくうまくいかない。

足を怪我した時、手は動くんだから作品作りいっぱいできるね、
と色々な人から言われた。

でも実際全然できなかったのは、この手洗いにしょっちゅう立ったり座ったりの
動作がしづらかったことが大いに関係している。
ずっと座りっぱなしでいいなら問題なかっただろう。

大げさでなく手洗いは品質にも大きく影響すると思ってる。
気持ちの部分でも大きく変わる。
手が清潔になるだけでなく、ちょっとした気持ちのリセットタイムなのだ。


洗面所との行ったり来たりが頻繁すぎであまりにも集中できない夏場。
でも今日あたりから急に秋の気候。


ビーズワークのベストシーズンいよいよ突入!


  1. 2019/09/13(金) 08:16:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (86)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる