Ayu's の金曜日

かこ先生へ

先日亡くなられた絵本作家の かこさとし さん。
ずっと現役でいらっしゃた事をNHKの番組で知る。

本物だけが世代も時代も超えられる、それを証明した作家さん。

子供の頃「だるまちゃんとてんぐちゃん」が大大大好きだった。

友人の息子の誕生日プレゼントを探していて
アメリカの書店で英語に翻訳された「だるまちゃんとてんぐちゃん」を見つけ、
日本人でなくても、この絵本の楽しさわかる? とか考える間も無く、嬉しくて即決。

この絵本は、だるまちゃんとてんぐちゃんの友情を描いたものかもしれない。
だるまちゃんは物欲を満たすことだけでは喜びに繋がらないと教えてるのかもしれない。
それぞれの一番の感じる所が「ここ」、と定まっていないところがすごいと思う。

そして、私は物を選ぶ力をこの本から得た。

だるまちゃんが欲しがるものをお父さんが座敷にわ〜っと広げ、好きなものを選ばせる
という下りが何箇所か。何十種類の靴だったり、帽子だったり、うちわだったり。

この場面で自分がどれを選ぶのか、友達や母は何を選ぶのか、選んだり選んでもらったりが最高に楽しかった。

どうしてこれが好きか、どうしてこれが必要か、
たくさんの中から自分に最適なものを選びきるというというのは、実は結構、深く自問自答が必要だ。

そのおかげか、自分で言うのもなんだけど、私は買い物が上手いと思う。
どんなにしょぼい品揃えの中でも自分らしい必要なものを探せるし、
逆にどんなに素敵な店構えで良品ばかりが置かれていても、何かピンとこなければ選ばない。
かといって、ガチガチにこだわりがあるわけでもなく、完璧さより自分っぽい部分が少し入れば満足。

それでも、既存のもので気に入るものがなかったら、
最終的には作るという手段があるということも、この本からの大切なメッセージとして心に刻んでいる。


かこ先生、私は、

絵本の中で選んで遊んだあの楽しさを忘れずに、
星の数ほどある材料やビーズの中から選んで組み合わせ、出来上がったものをまた別の人に選んでもらう、
だるまちゃんのお父さんのごとく、わ〜っと商品を広げる人になりました。




  1. 2018/06/08(金) 12:17:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

刷り込み

先日夫がNY出張から帰ってきた。
「あ〜リフレッシュできた ♪」 と
疲れ以上に生き生きしているようだった。
やっぱり好きなんだな。

十代後半から二十代前半、異国で過ごすことの
影響力の大きいこと。

彼の中に異文化がなんの違和感もなく刷り込まれている。


私はというと、そんな風にはならなかった。

24歳で半年間だけ留学した時は毎日が刺激だらけで
なんとなくの雰囲気をつかんだだけ。

二十代後半に夫の仕事の関係で暮らすことになった時はもう、
吸収力も好奇心もにぶり、ただ生活していくので精一杯。

もしかしたら、もったいないことだったのかもしれないが、
あの時はそういう風にしかできなかった。

長く居たから、帰国後はちょっと懐かしくなって
NYには二年に一回ペースで旅行で行ったりしていたけど、
とうとう懐かしむ気持ちも薄れてきて、
どっぷり日本の生活に浸かりきっているものだから、
アメリカでの生活は夢だったのでは?と思ってしまうほど。


けれどあのマンハッタンの車のクラクション、サイレン、
人の叫び声、ストリートパフォーマーの音、街の匂い、
ビルの影、ありとあらゆる人種、そんな中に放り込まれた途端、
あの時とにかく一生懸命だった一つ一つをすぐに思い出すだろう。

異文化は取り込めなかったけど、
必死のパッチ感だけ脳に刷り込まれているものでね。




  1. 2018/06/01(金) 07:21:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

仕返し

手を出してくる子供はどこにでもいる。

息子が利用している放課後デイサービス二箇所、学校にも
それぞれにいる。

しかしながらデイサービスの方は障害により言葉が発せず
その自己表現として手が出てしまうパターンもあり、理解ができる。
実際、好意をもってのことだったりもするが、子供にはなかなか理解が難しい。

息子はよく、たたかれたり、蹴られたり、そして泣くというパターンが多い。

そこでスタッフが
「やられたらやり返してもいいんだよ!やっちゃえ!」
とふっかけるが、一切応じないらしい。

仕返しが良い悪いは別として、男の子なんだからそうやって成長していくもの
という考え方が思ったよりも世の中に支持されていることを感じる。

寝る前に、息子に「どうしていつも、やり返さないの?」

と聞いたら、
「自分の心が悲しくなるから、やりたくないんです」と。

大人がやってもいいと言ったら、そうか、とやる子供は多いと思う。
男の子なら特に弱虫と思われたくない、と思うのが普通かもしれない。


けれども、、、どんな環境で誰が何を言ったとしても、
自分の本心に従える息子を、私は弱虫だとは思わない。





  1. 2018/05/25(金) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

分析

東京なんて田舎もんの集まり、、なんて歌詞があったような?

たしかに、電車に乗っていても都心にいても、残念ながら
ハイセンスな人ばかりが集まっているわけではないと感じる。

正直、地元の関西の方が、オッ?!と振り向くくらいのセンスの良い人に
出会う確率が高かったように思うし、
あるエリアの一般の方のレベルは東京より都会的センスなのかも。

けれど、
あ、芸能事務所に所属しているんだろうな、、、モデルとか女優の卵かも、
と感じるような子を見かけるのは圧倒的に東京の方が多い。

先日電車で見かけた子もそう。
細ーくて、びっくりするほど顔が小さく、鼻筋がスッとしていて高く、
まつ毛がうんと長くて目もぱっちりしている。

ファッションは、、
ワンシーズン前の流行を寄せ集めたような、よくある感じで
個性も主張もなく、季節感もちぐはぐで決してセンスが良いわけではない。

が思うに、このくらいのちょいダサめが一番一般受けがいいのかもしれない。
何より顔立ちの綺麗さに目がいって、服装なんてどうでもよいほど。


自分がもう少し若ければ、ああ、いいな〜こんな顔に生まれて。羨ましい、、、
人生が全然違っていただろうな〜〜〜なんて思っただろう。

でも今、この美少女を見て思うこととは、
今までどれだけの悪い虫が群がっただろう、、、
不必要な念を送られ、嫉妬心を買い、嫌な思いが多かっただろうに。
そして今後数年の間もさらに、悪い大人から身を守り、男関係の苦労が続くのだろうなぁ。
大変だなぁ。親も心配だろうなぁ。

と、余計なお節介ばかりが頭に浮かぶ。
私も歳を重ね、美人の方が幸が薄い事例もたくさん見てきて、
おばちゃんどころか、すっかりおばあちゃん目線。




  1. 2018/05/18(金) 08:27:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

田植え

小学校の行事に田植えがある。
保護者も協力して、田植え、稲刈り、収穫祭の餅作りの
どれかを選ばなくてはならない。

私は昨年に続き田植えを選んだ。
田植え専用の長靴を夫の実家の田舎で調達することができたからだ。
そして、せっかくだから毎年使いたいと思っている。(この日しか使わないから)

本日は五月にしては記録的な寒さで、子供も保護者も震えながらの作業となった。
一年生は見学のみなので、実際に田んぼに入るのは二年生から。
というわけで息子も今回が初めての田植え体験で、そばで見守りたいというのもあった。

案の定、ハイテンションで実際泥の中に入ると初めての感触にかなりパニック。
初めての事をやるときはとにかく興奮度が高く、いつものことだ。

事情がわかっている心優しい校長先生が、つきっきりで息子に手ほどきしてくれた。
すかさず毎年取材に来るローカルテレビのテレビカメラが
我が子の手元や顔のアップらしきものを撮り始めた。

それなのにいきなり叫ぶように
「うわ〜〜〜〜きもちわり〜〜〜〜」(感触に過敏な為と思われる)
「全部うんこだ〜〜〜〜〜」    (いつもの失言)

校長先生とカメラマンの顔がこわばる。
私は協力してくれている農家さんに聞こえなかったか見回す。

はいボツね。すみません。



  1. 2018/05/11(金) 07:10:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる