FC2ブログ

Ayu's の金曜日

謎の月光仮面

小学校5年生くらいの時だったと思う。

市が県内の過疎地の廃校になったある小学校を買い上げ、
そこを市内の小中学校が泊まりの課外授業に使っていた。

木造平屋の映画のセットにでも使えそうな小学校。

幽霊が出るという噂は、まあその古い建物をみたら納得。
シミが顔に見える天井、木の板を釘で打ち付けて入れなくしてあるトイレ、
床のきしむ音、就寝時には必ず誰かがおかしな声でうなされ、
何度訪れても薄気味悪さでいっぱいの小学校だった。

そんな小学校の運動場で夜、キャンプファイヤーをする時に
仮装をしようということが事前に決まっていた。
いまでさえハロウィーンが定着し、仮装用品も簡単に手に入るようになったが、
当時は100均のお店すらなく、衣装なども売ってない、すべて手作りの時代。
しかも小学生なのでそんなにレベルの高いものはできない。

私も特に思いつかず、画用紙の黒いとんがり帽子と黒布のマントだけで魔女に変身してみた。

火は焚かれ、街灯など一切ない真っ暗な田舎の運動場。周りは漆黒の林。

そんな暗い林の中、何やら小さく白く揺れるものが見える。ゆっくり近づいてきたかと思ったら、
それはいきなり走りだし、皆一瞬ギョッとする。

そして輪の中に飛び込んできたのは、マントをひらめかせた完璧な仮装の月光仮面だった。
その完璧さは小学生がしたものとはとても思えず、肌の露出がまったくなく、
カッコいいサングラスに月のマークが額に輝き、一気にその場が盛り上がった。

「一体おまえは誰だ!?」誰かが聞いても月光仮面は一切声を出さなかった。
そしてまた誰かが「こいつ絶対小沢だ〜」と言い出した。
その背格好からみんな、なんとなく納得した。

月光仮面はピタリと私の後ろについている。小沢君はどうやってこのクオリティーに仕上げたのか
一人で真っ暗闇の林の中に潜んでいたの?気になって仕方なかったので時々振り返りつつも、
友達と笑ったりふざけたりしながら火の回りをぐるぐるぐるぐる歩く。

さあ、もうそろそろ終わりとなった時、小沢くんが月光仮面でない衣装を脱ぎ始めた。

え!?じゃあ、あれは誰? 振り返ると月光仮面はいなかった。

校舎に帰る時も皆で着替えをする時も月光仮面はいなかった。

それなのに最初からいなかったかのように、そのことを気にする人は誰もいなかった。


私は大人になった今でも不思議に思っているというのに。




  1. 2018/03/16(金) 14:40:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<明日、要プレゼント! | ホーム | 死のイメージチェンジ>>

コメント

願わくば

願わくば。。。
探偵ナイトスクープで 真相をつかんでもらえませんか! 笑 わたしも、気になって気になって仕方がないんだけどーー :)
  1. URL |
  2. 2018/03/16(金) 15:57:56 |
  3. naonao #OUxqNTo.
  4. [ 編集 ]

昔すぎて

いや〜探偵ナイトスクープでも無理だろうね〜
写真も撮らなかったし、、
そもそもクラスメートだったのかなっていうのがね。謎すぎ。笑
  1. URL |
  2. 2018/03/16(金) 21:11:46 |
  3. ayus_ayu #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (35)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる