FC2ブログ

Ayu's の金曜日

絶対に必要なものって意外とそんなにない

運動できないので、太らないように気をつけなければならない。
ただでさえポッチャリなので、この状況は危険。

たまに腕立て伏せ、腹筋など、気休めに行なっている。

動けない中、食事やおやつは少ない楽しみの中の一つなので、
既に溜まったストレス値が上がらぬよう、
ダイエットのようにガツガツキッチリやらないようにもしている。

そして、ギプスで体重が測れないので義父の方法を取り入れている。

父は物を全く買わない人なので、
体重計が家にあったことは一度もない。

いつも手首周りを反対の手の中指と親指で掴み、
その指の到達具合で太ったか痩せたか計っている。

そんなアバウトな、、、、と最初は思っていたけど、
これが意外にも正確で、微妙な痩せ太り具合が指の間隔にてきめんに現れる。
数値化にこだわらなければ、これで十分。

便利なグッズはある時にはまったく使いものにならなくて、
何にもなくても大丈夫なことを義理父から教わることが多い。



  1. 2018/10/12(金) 10:47:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

精神力

しかし動けなくても前向きに、、、と頭では思っていても、
実際、気持ちのアップダウンをコントロールするのは本当に難しい。

先日の診察ではケガの回復がまだまだと判明し、
予定よりもさらに長くギプスが外せないことがわかった。

正直辛さから言ったら悪阻で寝込んでいた時の方が辛かったと思う。
あの時は苦しさの中で、もがいて気がついたら季節が変わっていたという。
何も考えられない代わりに、いつの間にか時があっと言う間に過ぎてくれた。

今回は違う。
体は元気。上半身はいくらでも動かせる。なんでも考えられる。
なので、〇〇したい、〇〇に行きたい、の時に動けないことのストレスが
体の辛さで誤魔化すことができず、ダイレクトに精神にくる。

私などは、いつかは回復することが確実で、この状況は一時的なこと。
これが例えば一生同じ状態だったら、
どうやって気持ちをコントロールし生活の形を変えなければならないのだろう。

以前、身体障害者の施設を見学した時にスタッフの方が話してくれた。
「生まれつき障害のある人より、不慮の事故である日突然半身不随になった、
そういう人の精神のケアが本人も我々も本当に大変。乗り越えられない人もいる」と

もっと本当に大変な方々の色々な人生を想像しつつ、
浮いたり沈んだり波のような気持ちの中で生活している。

少し気分が浮いた日に、ふと思い立ってキャンバスに絵を描いてみたら、
描けた絵は底抜けに明るくて、私は元気だと気がついた。



  1. 2018/10/05(金) 15:11:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

Ayus_ayu

Author:Ayus_ayu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)
ブログ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる